いのいぬ.com

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

【ヤバイ集中力】ムードスコアリング+5のルールがすごい【実践記録】

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

最近の仕事に「ヤバイ集中力」のメソッドをどんどん取り組んでいってるわけですが。

ムードスコアリングってのが恐ろしくすごいです。

ヤバイ集中力 ムードスコアリングとは

自分の集中力感情の変化を観察して、その感情に点数をつける。

こういったメソッドなんですが、これがめちゃちゃ効果高いです。

メンタル病んだ時なんかによくVAS(視覚的評価スケール)を使って同じような事はしてたんですが、これが生産性向上(集中力維持)に使えるとは考えも付きませんでした。

やり方は単純で仕事中に集中力が切れた時、

  • なんで集中力が切れた?このイライラは…30点くらいかな?

みたいな事を考えるだけなんですけど、難易度は高いメソッドであると巻末ロードマップに記されています。

難易度が高い理由は自分を観る、メタ認知、自己俯瞰、自己観察ってやつなので瞑想やマインドフルネスの経験が浅い人は感覚が掴みづらいかもって事だと思います。

僕は感情に流される事は多くても、瞑想歴はそこそこ長いので、比較的平静でいられる仕事中の自己観察は割と出来るみたい。

本書の中で「獣」と表現されている衝動的な感情の暴走は、持続時間が短いので

ムードスコアリングを行えば、行っている最中に 自然にすーっと抜けていきます

こりゃ便利。

感情が大きければ大きいほどこう簡単にはいかないでしょうが、仕事中の軽いイライラ程度だと割と簡単でした。

ヤバイ集中力 5のルール

5のルールは

あと5分頑張ろう 5秒だったら始めよう。

と5という数字を使って時間に区切りをつける方法。

5秒たったら始めよう…ってのは以前youtubeで話したメソッドと同じですね。米国のTV番組の司会者がTEDで話してたやつです。

www.youtube.com

もうちょっとyoutubeとかpodcastの音声配信も続けたいんだけど、手間が結構かかりますんで漫画描く時間を侵食しすぎちゃうんでちょっと難しいですね…。それはおいておいて。

今回は「あと5分頑張ろう」の方の話し。

ムードスコアリングと合わせて自己観察しながらの「後5分」は結構聞きます。

5分やろうと作業してると、知らない間に5分以上作業してるのも面白いところ、たった数分前には一旦休憩しよーって意識が悶々と渦巻いてたのに

後5分がんばろ!

って頑張るだけで、5分以上頑張れる。

この2つのメソッドはかなり使えますね。

ヤバイ集中力 ムードスコアリングと5のルールのタッグは結構強い

ヤバイ集中力推しが続いてますが、マジでこの本はすげぇですわ。

パレオさんのブログめっちゃ読んでるのになぁ、やっぱまとまってる本のちからってすごいですね。ロードマップがついてるおかげかな。

情報持ってるだけでは活用できないんでしょうね。反省しつつも、こういった情報をまとめて体系化するのは、すごい人にまかせて自分の仕事に専念しようという心持ちになりました。

こんなの片手間に出来る事じゃない。

追記すると、支持的セルフトークってメソッドがムードスコアリングと似た効果を発揮するかなというのが個人的な感想です。

割とごちゃまぜになって使ってる感じ。

ヤバイ集中力はここ10年読んだ仕事、生産性関係の書籍の中で、一番オススメの本。効果もめっちゃくちゃ高いので、読んでない方は是非。

のんびり生きるためにも、生産性は高ければ高いほど時間が余りますからね。集中力大事です。

ムードスコアリングのメソッドは心理療法ACTの「脱フュージョン」の一つです。

自分と感情を切り離して考えるメソッドですね。ACTについて知っているともっとうまく扱えるようになるかもしれませんね。