いのいぬ.com

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

涙でストレス解消:泣くための作品をストックしておく

f:id:inuo5:20191104173706p:plain

ここ一年くらい、仕事の効率を上げることやお金の事に考える事が多くて

そのせいで、あまり「ながら仕事」をしなくなったんですよね。

仕事の効率は上がったけど、なんかこう活力が無い感覚を感じてまして。

そういえばここ一年、あんまり泣いてないな って気づいたわけです。

涙にはストレス解消効果があるんだとか

東邦大学医学部の有田秀穂教授の研究によると涙はストレス緩和効果があるそうですね。

ざっと探しただけでこの研究しか見つからなかったのですが、まぁ作品に感動する事のデメリットなんて言うほどのもんじゃないと思うので

いい作品を観るのはポジティブな行動として良いでしょうって捉えて良いかと思います。

もちろん観すぎると、創作物も作られた刺激なので、超正常刺激に該当する事もありますが

ぶっちゃけね。どんないい作品でもそんな長時間見れないよね。注意したほうがいいのは洋ドラくらいかな。アニメも連作は注意かな。映画は一本で区切られたら二本目、三本目…と観るのはきついですからね。

まぁ見過ぎには注意ってことで。

ストレス緩和のために、泣ける作品のストックを作ろう

でも年取ってくるとね、あたらしい作品観るのって気合がいるんですよねぇ。

そこで、早めに泣ける作品ストックを作っておくとよろしいんじゃないでしょうか。

ボクの場合、スポーツものが結構泣けし、過剰演出(人の生死に関わるような)ものもないので好きですね。

頑張ってる少年少女を観るのは感動しますから。

年取ってからも、その手のジャンルだとあたらしい作品でも

「自分の好みにあってるものだろうな」という予測がつくので、抵抗感少なく見れます。

後はキッズ向けね。

先日上げたユメミーワールド、クレヨンしんちゃんですけど。ドラえもんも合わせてどっちも感動できます。

誰だったかな。

子供向けと、子供だましは違うって話しをしてたの。

子供向けで楽しい作品は、大人でもちゃんと楽しめるって。

クレヨンしんちゃんとドラえもんはちゃんと大人でも楽しめる作品に仕上がってるものが多いと思うので、泣くようにいいですね。

巷で話題の…ってのはおじさんになると最初に一歩が重いので、昔良く見てた作品とか、昔からあるシリーズってのは助けになりますねぇ。

あたらしい作品を観るのに抵抗が薄い若いうちに

「コレは泣ける!」って作品をたくさん持っておくと良いんではないでしょうか。

ちなみにボクはアニメだと

  • あだち充作品
  • おおきく振りかぶって
  • 咲-saki-
  • 夏目友人帳
  • ケロロ軍曹の一部
  • 映画
    • 鷹の爪
    • ドラえもん
    • クレヨンしんちゃん

このあたりが結構泣けるかも。

鷹の爪の映画に関してはなんで泣けるのか自分でも謎ですが。なんか知らんが涙腺に来るんですよね。ほんと謎なんですけど。

夏目友人帳はちょっと観すぎて、涙まではいかなくなってきましたけど。

ま、別に泣けなくても、単純に好きなコメディ作品を何作か持ってるだけでも、心がうわーってなった時に特効薬になる事もあるので、好きな作品をもっておくって大事な事だなぁなんて思います。

参考リンク