いのいぬ.com

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

グルメとは「湿気ったカールを美味いと思える心」

またさばラジオから。ざっと内容を説明しますと

湿気ったスナック菓子が美味いと話す送水 湿気った食べ物が好きな人をシケリストとする

こんな感じ。

podplayer.net

シケリストの送水は湿気ったカールが好きらしい。

ヨマヨイさんはいまいちな反応。

今回はこれについて。

グルメとはなにか。湿気ってるものが美味いと思える心

湿気ったものが美味いと思うからグルメって話しではなく

湿気ったものが思える心 がグルメの真髄だと思ったって話。

人がどう言おうが「これは美味い!」と思うものがあるかどうかって事ですかね。

ヨマヨイさんは湿気った食べ物はどないやねん って反応ですが、これもまた一つのグルメ。

上の記事にも書いたけど

  • TVやみんなが美味い言ってるから
  • ブランドついてるから

こういった理由から「美味い」ができてしまうのが人間の脳。

脳の腹内側前頭葉皮質(VMPC)という部位がブランドの価値があると判断してしまうんですね。

世間の価値に流されるのは自分の価値観で生きてるとは言えないって話しを再三このブログでは書いてきてますけど。

送水のシケリスト精神はまさにニーチェの超人思想だと思います。

シケリストは圧倒的少数だと思いますけど、それが好きだと言えるメンタル。

特異性や変態性を外に出す事が出来るってのは良いことですね。

まさにグルメの超人思想。

自分が美味いと思うものを美味いと言える。

それが安かろうが新鮮じゃなかろうが、スーパーで売ってようが、なんだろうが関係ない。

美味いなら美味い。

その判断ができないのは人の性、人の脳の性質ではあるものの

最低限、そこに無駄なお金や時間を浪費しないようにしたいですよねぇ。

周りがマズイって言ってるものを「これ俺は美味いと思います」って言えるくらいでいなきゃ資本主義の奴隷に成り下がるだけ。

グルメもファッションも、車も家も

ちゃんと自分で判断しなきゃねって改めてそんなことを思ったのでした。

世間の価値観に縛られず、自分の価値観で生きる。超人への指針を忘れずに居たいですなぁ。

シケリストにはなれませんがね。

そう言えば、カールって関東で売らなくなったんでしたっけ。