いのいぬ.com

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

Podcast番組は「外で使えるグッズ」を作ってくれ!

f:id:inuo5:20190927143531p:plain

ども井上です。続かねぇからこのブログはどんどん雑になっていくぜ。

最近思うに、世の中「多様性の時代」ってなものになってるそうですが。

多様化されすぎて、どこの誰が自分の好きなものを好きなのか分かりづらい!って思ったんですよ。

そんなわけで今回はPodcast番組は直ちにイクトゥス制作に取りかかれ!ってお話。

Podcastイクトゥスを作ってくれ

僕がイクトゥスについて知ったのはトクサツガガガの一巻。

イクトゥスはもともと、キリシタンの人たちがつけていたアクセサリ的なやーつです。

誕生は弾圧を受けていたローマ時代(この頃のキリスト教は今で言う新興宗教と同じような扱いであったとか)、自分がキリシタンであることを他の人にバレずに共通認知を持った相手にだけ伝えるアイテムで、魚をかたどったシンボル。

キリシタンであることを相手に伝えるためにわっかりやすい「十字架」だと、キリシタンでない人にもバレてしまいますからね。

そこで生まれたのがイクトゥス!

これがPodcast界にもコレが必要だ!と思ったわけです。

時代はyoutube時代。

ウェイたちが顔出しでウェイする時代に、深夜ラジオもメインパーソナリティが若くてウェイなやつらになっていく時代。

僕たちはpodcastという掃き溜めに追いやられている。

podcastなんてpodなのかcastなのかわからないものを聞いてるなんて、現実世界で口走ろうものなら、人間が入る大きめのミキサーに入れられて粉々に粉砕されるのが関の山。

そんな時代。

そんな時代だからこそ、podcast番組はリスナー同士をつなげる、イクトゥスを作るべきだと思う。

Podcastリスナーにとって必要なグッズはマグカップでは無い。

マグカップなんて家の中で磨いて魔神を呼び出すくらいの価値しかないのに、マグカップなんて作ってんじゃねぇぞ!イクトゥスを作れ!

イクトゥス作りの注意点

ダサいとダメ。

やっぱこれにつきる。

これはアニメ、オタク系業界のイクトゥス問題でもあるけど。

一般人が理解してしまえるデザインはよくないんですな。

その作品、番組を知ってる人だけがわかるものである必要があって、外で使いやすいってのは重要なんですね。

そして手軽に身につけられるもの。

Podcastイクトゥスの例

考えてみたけど、外で使えるイクトゥス的なアイテムといえば。

  • ピンバッジ
  • キーホルダー
  • ステッカー(車などに貼る)
  • Tシャツ
  • 帽子

このあたりではないかと。

使いやすさだとやっぱり、ピンバッジやキーホルダーが楽ですね。

ステッカーも小さいとスマホに貼れるかも。ジェーン・バーキンみたいにバッグに貼っちゃうのもアリですよねぇ。一周回っておしゃれ感あるし。ギターやってる人だとギターにはったりも、僕はバンドやってた頃ギターにステッカー結構貼ってましたわ。

外で使いやすく、認知が届いてない人たちには「わからない」これは重要だと思うんですね。

  • 分かる人だけわかる。

これぞ至高のイクトゥス。

ユーザーの輪が広がれば、必ず周りに電波します。わかりやすいより、ユーザー同士をつなげる事による宣伝効果を期待した方がより濃密な番組中毒者を作る事が出来ると思いますよ。

わかりにくいと宣伝効果がないなんて事はないと思います

そんなわけで、

Podcast番組は直ちにイクトゥスを作れ!!

おわり!