いのいぬ.com ~お金と哲学と死など~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

苦手を克服するには「少しずつ」が重要

www.youtube.com

要点

  • いきなり無理しない
  • ちょっとずつレベルをあげる。

系統的脱感作ってやつですね。

苦手克服は学習と同じですなぁ。

習慣化の方法でも書いたけど、ちょっとずつってすごい大事。

www.inoinu.com

結局、習慣化も、苦手克服も、学習も、脳を鍛えるというか変化させていくことなので、いきなり無理したら「もういやや!」って脳が言い始めるんでしょうね。

どんな事でもちょっとずつ、大事。

英語学習というか、英語多読でも言われてることだけど「i+1」が重要って言いますよね。自分の理解出来る範囲+1しか学べないって理論。誰の理論だったか忘れましたけど、クラッシェンだっけ。名前忘れた(雑

基本脳は、ちょっとずつしか学べないんでしょうけど、これを加速化させる方法は一個だけありますな。

多様性を設けて苦手克服を促進できるか

それは、多様性を組み込むって事です。

www.inoinu.com

学習法の記事で書いた事で、学習にとっては有効ですが、これが苦手克服に有効であるかどうかは悩ましい所。

ただ、人に合うのが苦手なら

いろんな条件で人とのふれあいを増やす事で解決する速度があがるかもしれませんよね。

  • 初めての人とコミュニケーションをする
  • 気楽な対応が出来る人に会う
  • 人がいるけど、さほど接触はしない場所に行く(ジムとかカフェとか
  • オンライン上で人とチャットする
  • 会話は無いが非言語なコミュニケーションを取れるゲームをする

とか。人と接する、対話するってのは何も直接あって言語を交わすことだけではないですし。

関係性のある行為を取り入れる事で、苦手意識の克服を促進する事は可能な気がします。無論、バリエーションがつけられる苦手意識については…ですけど。

まぁ、苦手を克服云々というより、学習や成長として捉える方がポジティブに向き合えるので、いいんじゃないでしょうか。

危険な道を選ぶ。最近の僕のトレンドです

自分の中に毒を持て<新装版> (青春文庫)

自分の中に毒を持て<新装版> (青春文庫)