いのいぬ.com

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

【絵】画力向上!上手くなるためのオススメ資料【参考書】

参考資料って漁ってるとキリがないんですよね。迷いますよね。

良い資料を持ってないからうまく描けないんだみたいな、謎の言い訳しちゃったりしてね。

ってなわけで今回はそんな資料の話。

一応10年以上漫画家として活動させてもらってるのでプロ視点から…というとちょっと偉そうですけど…

とりあえずプロとして活動するために必要な資料は

「良い参考資料数冊」+「好きな作家の漫画や画集」です。これで十分。

この良い参考資料ってのが厄介で、ボクも初心者の頃2chのスレやらで勧められるがまま購入したものの何が何やらで迷った経験があるので、プロクオリティでこれもっときゃいいよってのを今回ご紹介します。

スカルプターのための美術解剖学

一押しの美術解剖図です!

スカルプターのための…となってますが絵描きにも十分使えるというか

スカルプターのほうが細かい立体情報が必要になるため絵描き向けの解剖図よりクオリティ高いです。

あの「saya」の資料としても使われていた一冊ということで安心の一冊です。

www.youtube.com

これは最高の一冊なんです。

初心者さんも迷わず買って、参考にしたり模写したりしてみてください。

人体のデッサン技法

人物画について言葉でわかりやすく教えてくれているのがジャックハム先生のこの本。

人物画を描く上での注意点がたくさん詰まった一冊になってますので、目を通すだけでも価値は大きいです。

絵柄はちょっと古臭いので、もしゃするというよりTip集的な使い方になりますかね。

マイケル・ハンプトンの人体の描き方

ジャック・ハムの次におすすめなのはこの一冊。

ジェスチャーについて学ぶにはこれですね。あまり日本ではジェスチャー解説本が普及してないみたいで、あまりないんです。

他にも人物の捉え方、人物デッサンを描く上でのTipが満載なんで買って損のない一冊ですね。

でもジェスチャーについては、英語がわかるなら、youtubeで関連動画調べたほうがいいかも。

あれは描いてるとこみないと「何これ?」ってなりますし。

やさしい人物画

有名な一冊ですが、買っても買わなくてもどっちでもいいです。

絵の参考書というより、絵を書く心構えみたいなものが学べるから読み物として面白い感じですね。

掲載されてる絵は素晴らしいですし、僕が書き始めた当初は買うべき一冊的ポジションの本だったんですが、今は上記の本の方がクオリティ高いと思いますので。

読み物+絵柄が好みならという感じ。

スコット・ロバートソンのHOW TO DRAW

正直人物画に必要なパースの基本はネットで集められます。

あとは感覚なので、わざわざ本を一冊買うべきか微妙なところですが、網羅的に学びたいならおすすめの本はこれですね。

基本パースから乗り物などの書き方が丁寧に解説されてるので、精密な背景が描きたい方は買っておいて損はないかと。

カラー&ライト

塗り方本ではないですが、カラーアンドライトはおすすめです。

色と光についてここまで解説されてる本は他にないのではないかと。

人物画を描く上でも明暗やカラーは必要な知識です。

専門学校いくより下手すりゃ価値が高い一冊ですよ。

後は好きな漫画なりアニメタの画集なりをどうぞ

あとはお好きな作家さんやアニメタさんの画集などを参考にすると良いかと思います。

デフォルメなら鳥山先生は一度模写しておくと勉強になりますよ。 構図もわかりやすくて、読みやすい。

エヴァンゲリオンやリトルウィッチアカデミアで有名なアニメーター、吉成曜さんのラクガキ本もオススメです。

吉成曜画集 ラクガキ編

吉成曜画集 ラクガキ編

まとめ

とりあえずスカルプター… とジャック・ハムあれば人物画は描けます。

後はネットの検索でもなんとかいけます。

安易な書き方本はダメ。良いものもあるんですけど、ぶっちゃけ好きな作家さんの絵の方が価値が高い。

いい本もありますけど、ああいうの買うなら自分が好きな作家の模写をする 方が圧倒的に価値が高いです。しかもそっちの方が安いですし。

大事なのは資料の豊富さではなく、良い資料を見て、わからないところをちゃんと調べて描く事です。んで上記の2つがあれば人物画でわからない事はほぼなくなりますので。

極端なパースやらがついた絵ってなりと、それはまた別の技術というか、パース感覚を養わなきゃいけないんですけど、これはもうどっちかっていうと感覚を鍛えるしかないので、いろんなパースで絵を描いてみればいいんじゃないですかね。

まぁ。資料も大事ですけど、良い資料の有無なんて沢山描く事の前には無力ですからね。もちろん調べずに適当に描くのは論外ですが…。

こんな感じです。参考になれば幸いです。