いのいぬ.com

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

充実感、幸福感を得るには「変化が重要」って話

jp.quora.com

要約:日本で豊かさを感じないのは「経済が停滞」してるから。豊かさを感じるには右肩あがりの変化が必要。

って話しなんですけど。

これメンタルも同じだよなぁと思って。

yuchrszk.blogspot.com

前に進んでる感覚はモチベーションにとって大事って事で、これは最近、僕がすごく意識してる事。

昔は色々目標があって

  • 経済的な自由(資産を増やす事)
  • 絵の上達

この2つが主に柱なってくれてたんだけど、エピクロスの哲学や「足るを知る」を知ってから、無用にお金を使って得られる物やイベント、住処などへの興味が薄くなって

娯楽もせいぜい数万あればなんとかなるようなもので十二分に満足できる事がわかってきた。

それが原因で「経済的な自由」って柱が崩れてきてしまって、それと共にやる気の減退が起こってしまってたわけです。

経済的な自由って、稼ぐことだけではなくて「無駄使いをしないこと」の方が簡単ですからね。そして、それが月数万レベルで下がると、必要な資産がごっそり減るんですよね。

で、絵の上達も、仕事である故に経済と結びついてて、これも壊れかけてた。最近持ち直してきたけど。

幸福感や充実感のために、変化を作る事を意識する

そんなわけで、幸福感や充実感、満足感みたいなものにはプラスの変化が必要だと改めて感じてるわけです。

最も簡単な方法は

  • 出来ない事をできるようにしていく
  • やったことない事をやる

こういう思考だろうと思います。

一つ前の記事で、「タイマー使って自分に挑戦する」ってQuoraの引用させてもらいましたけど、これも大事。

www.inoinu.com

上のトライほど劇的な変化がなくても、絵の上達や、スポーツの上達とかも大切だし

ゲームでもいいですよね。音ゲーの上達なんかは「成長したなー」って感じられますしね。

Beat saber面白いで。

ただ、ゲームの場合はあんまりゲーム内の数字の変化だけの成長をするようなハクスラゲームなどは後で公開するのでPスキル重視のやつの方がいいと思いますけど。格ゲーとかFPS、音ゲーとかね。

www.inoinu.com

英単語を覚えるのだって良い。

www.inoinu.com

なんでもいい。小さくてもいい。QOL下がってきたな―と感じたら、とにかく生活を変化をさせる事に意識を向けていきたいですね。

音ゲーや英単語学習なんかは気楽にできるし、結果がわかりやすくておすすめですなぁ。

逆に、絵の練習や筋トレなんかは成長感が見えづらいので、成長の階段を超えるまでが長期戦になるため、気楽な成長を組み入れてうまくQOLを底上げしながら取り組んだ方がよさそう。

絵やスポーツの場合は、なるべく小さく課題を分ける事で成長感覚を得やすくなると思いますんで、ざっくり「画力!」「テニスの上達!」みたいに分けずに、「手の上達」「サーブの上達」みたいに細かく区切るといいかもですね。

ただ、学習の場合は、多様性も重要なので、2つ3つ、一緒に練習する方いいのですがそれは別の記事をご参照ください。

www.inoinu.com

1日ひとつだけ、強くなる。

1日ひとつだけ、強くなる。

  • 作者:梅原 大吾
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2015/07/13
  • メディア: Kindle版