いのいぬ.com

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

人生を楽しむには…他人と共有できる知識を増やそう

f:id:inuo5:20190706175931j:plain

共有できる知識って大げさな感じになっちゃったけど。

他人やコンテンツが持っている知識量、情報量をこっちが持ってるかどうかってのは結構人生を楽しくするかどうかってのに関わってる気がするんですよね。

www.inoinu.com

という事で、今回は上の記事の伏線回収です。

人生を楽しむための知識なんて、高尚なものではない

たとえば「ワンピース」

僕も19巻くらいでとまっちゃった人間なんですが、

さまぁ~ず×さまぁ~ずでよく三村さんがワンピースの話しを出してますよね。

でも僕はなんもわからんわけです。

なんとなく、こういう事なんだろうなってのが分かる程度。

でもこれは知ってる人からすると理解出来るので、面白がれる確率があがりますよね。

他にも、映画やアニメの中でバックボーンとなってる元ネタがわかるかどうかってのもポイントだったりします。

パロディほど大げさじゃなくても、某ロボットアニメや怪獣アニメのバックボーンにキリスト教、というか聖書に記された出来事をモチーフにしたシーンがちょいちょい挟まれてたそうです。僕はキリスト教の知識も薄いのであまりわからず。

キリスト教について、というか聖書の内容ざっと知ってますよって程度でもこういったオマージュに気づくことができて楽しめるはず。

知識!なんて交渉なものではなくて、エンタメレベルでいいから知識を増やしていこうって話。

小藪さんの話

たしか、小藪さんだったと思うんだけど。

「将棋とパチンコは覚えとけ」と爺さんに言われたとかなんとか。

多くの人が知っていて会話に入りやすい遊びだから、って話でした。

実際それで小藪さんは楽屋で先輩、ベテラン芸人の人たちと将棋を通してコミュニケーションをとったとか、そんな話をどこかのテレビでしてた記憶があります。

うちにテレビがあった頃なんで、もう3~5年以上前の話。

人はコミュニケーションをする上で、共通点を探そうとするので、これは的を射てると思います。

こういう話を聞くと、知識があるかどうかってその知識をひけらかして優位に立つより

互いに知識の確認をし合う事でコミュニケーションが成り立つという事のメリットの方がデカイ気がしますなぁ。

知識量が少ないと面白がれない例

小籔さんの話のように打算的なものでないにしても、単純にエンタメを楽しむ事にも知識は重要だったりします。

Podcast聞いてて映画の話しされても知らない映画はわかりませんよね。

アベンジャーズさっぱり知らんわって人がこの前のエンドゲームの盛り上がりにはついていけませんよね。

多くのことを知っている事によって、結果的に楽しめるコンテンツの幅が広がるわけです。

最近Podcast聞いてて、知ってたら面白かったんだろうなと思ったエンタメ情報をざっとあげると

  • スターウォーズ
  • アベンジャーズ
  • ガルパン
  • モンハン
  • スカイリム

このくらいはあります。

知っていたら…もっと楽しめた。自分の食指の狭さにがっくりきましたねぇ。

可処分時間は限られているので取捨選択は必要

とはいえ、可処分時間は限られているのである程度の取捨選択は必要。

なので僕なりに出した答えですが

  • 仕事関連の知識は深堀り
  • 雑学、エンタメは浅く広く

が良いのではないかなぁと。

共通知識を持った人に出会った時、その人から情報を聞き出していく事で深堀りできますし、相手も楽しく話をしてくれるはず。人は聞くより話す 方が楽しめる生き物ですからね。

コンテンツを楽しむための知識としても、浅く知っておくことで「ひっかかり」を感じる事ができます。エンタメコンテンツの場合はこれだけでも十分面白くなりますし、コンテンツから自然に深堀り出来るので一石二鳥。もちろんエンタメなので正しさの見極めくらいはしなきゃなりませんが。

知識を増やすと面白がりやすくなる まとめ

人付き合いも、コンテンツを楽しむ時も

知っているかどうか ってのは重要だなと改めて思ったわけです。

とはいえ、どこから始めればいいのって話ですが。

男なら

  • 戦国時代
  • 三国志

あたりは鉄板だし、使われてる作品も多いので使いやすいかもですね。

歴史全然興味ないんすけど…

っていう僕みたいな人もいると思いますが。

知る事で自然に「好き」は発生するという話を以前書きました。

元ネタは当ブログでは毎度おなじみのこの本。

「処理の流暢性のご帰属」ってやつですね。

脳が早く処理出来るようになると、「好き」だと感じるようになるって話。

ですので、入りやすいコンテンツ、たとえば…

  • ゲーム
  • 漫画
  • アニメ、ドラマ

このあたりから例えば「戦国無双」をやってみるとか、「横山光輝三国志」を読んでみるとか。

そういう手軽に出来るところから少しずつ知識を広げていくと良いと思います。

僕も楽しむために、知識の幅広げたいですねぇ。

ここ半年くらいお金の勉強に時間を割きすぎてたので…反省。

実用的な知識も大事だけど、楽しむための知識も大事だ。