隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

死の恐怖は、生への渇望をやめれば消える

苦しみはどこからくるのか。

それは、執着からである。

というのが仏教で

ショーペンハウアーはこれと同じことを説いてる。

人生の苦しみは生への渇望からだと。

死の恐怖はどこからくるのか。

これも生への執着だろう。

渇望が執着を産み、執着が喪失への恐怖を作りだす。

これも、受け入れて手放す他無しか。

不安も、恐怖も、すべて

その反対側には、何かしらの執着が隠れてる。

常に反対側に引っ張ろうとする力によって、人間は苦しめられている。

引っ張るのをやめるしかない。

生きたいと思わなければ、死にたいとも思わなくなる。って。

一体、なんっつー仕組みになってるんだ、人間ってやつはよ…。