隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

瞑想とは何か:言葉の定義と解釈と苦痛の解放

ヴィトゲンシュタインが言っていたように

言葉の定義が曖昧なままで議論は進められない。

それ以上に

言葉の定義「違う」場合

同じ文章でも解釈はその定義をもった人、それぞれによって変わってくる。

「死とは何か」を論じる時も、その「死」の定義の解釈によって、考え方も捉え方も変わってくる。

では、

我々が何か、というよりも世の中の普遍的な、非普遍的なものもも含めて、真実のうちに理解するにはどうすれば良いのか。

答えはブッダが出している。

「あるがままに見よ」

これに尽きる。

そこには善悪はもちろん、解釈の違いも存在しない。ただそこにソレがそう存在したという事実を、淡々と受け止める。

過去も未来もない、それは妄想でしかない。

目の前で、一瞬一瞬起こっている事象をただ、淡々と受け止める。

これが、ヴィパッサナー瞑想というもので、修行でもなんでもない。

ただの集中だ。

しかし人間は言語的解釈をもって事象を理解しようとし、それによって感情や過去未来を妄想し、苦悩に至る。

目の前の事実のみを受け止めれば、苦しいも辛いもない。

そこにはただ、事象があるだけなのだから。

それを苦しいと思っているのは、「自分の思い込み」だ。

言葉では理解されない

www.youtube.com

サピエンス全史の著者、ユヴァル・ノア・ハラリ教授の瞑想についての解説だが

大衆の顔を見ればわかるし、レポーターも(これは仕事だからなのだろうけど)完全に茶化して場を盛り上げようとしている。

言葉でそれがそれであると伝えるのは、困難であり

そこには普遍的、完全なる一般共通性をもった定義を作るのは不可能なんだろう。

だから、瞑想について昨今取り上げられる際、「利益主義的な」ビジネスで成功するだの、記憶力がよくなるだの、そういった話が先行してしまうのだろうが。

これはただ、日々の意識的集中によって、脳が鍛えられマインドフルネスレベルが若干ずつ、向上しているにすぎない。

そして、瞑想の真はそこにはない。

妄想により人生に苦悩する事をやめるための技術であり、これら副次的な現象が起きるのは当然だ。

妄想による苦悩に使っていた、脳のリソースが空くのだから。

返信

f:id:inuo5:20201227092609p:plain

ありがとうございます。

でも普段は、シモネタしか喋ってませんよ。