隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

楽しく今を生きれば、マインドフルネスになるんじゃないの?

ブッダは、瞑想やらなんやら色々やったが結局、DoingではなくBeingの生き方を実践すればそれでよし的な感じになったそうな。

もちろん瞑想も続けてたんだろうけど、そこには目的はなかったのではなかろうかと思う。

昨今のマインドフルネスには、記憶力がとか集中力が…なんて話が付随してるけど、それは副次的な効果にすぎず、そもそもそんなものを求めてたら瞑想なんてできるわけがない。

存在することそのものを楽しむ精神こそが、ブッダの説いた瞑想論でありマインドフルネスナノではないかと思えてきた。

今を生生きるの真意

Beingの意味が理解できるようになってくると、今を生きるの真意が見えてくる。

ふと、

楽しんで歩けば、マインドフルネスになるんじゃないの?

と思ってやってみた。

感想としては、すべてを楽しむ姿勢はマインドフルネスになりうると思う。

もちろん、過度な感情の起伏はよろしくないが、「家に帰ったら何をしよう…」と思考を未来に向けてしまうより、歩くことを楽しんでいた方がメンタル的に充実しているように感じる。

歩行瞑想は瞑想手法の一つだが、瞑想全般に言える事だけど対して瞑想は、面白くない。面白いという感情をもって取り組むものではないのだから当たり前だけど。

瞑想は手段であって目的ではない。

マインドフルネスであれば、瞑想手法などどうでもいいんだ。

だから歩く事を楽しむという形で、マインドフルネスであっても問題はないと思った。

歩くを楽しむというのは、大人であれば難しいと感じるが。

意外とその意識、Being(存在すること)を楽しむという事の意味が言語的ではなく体感的に理解できるようになると可能なように思えた。

ACTの脱フュージョン

最近、ACTの本を読み返しているんだけど、「脱フュージョン」の幅の広さは自分の創造性を介入させる余地があると思った。

つまり、自己流の脱フュージョン手法は作れるという事。

歩くを愉しむもそうだし、重いものを持っているときも「おっめぇえ~wwww」って思って愉しむ事はできる。

重い→嫌だ しんどい。と思えば重いは苦しいにつながる。

ACTでは感情に対して「…と思った法」などの脱フュージョンテクニックを利用して、客観的に対応するという手法が用いられる。

CBTでは、感情ではなく思考へのアプローチをする。

この考え方はそれぞれ微妙な差で、個人の捉え方によって納得しやすさに差が出るだろうけど

「重い」と思う事でも、「嫌だ」と思う事でもどちらに対しても、取り込まれず客観的にアプローチできれば、どちらも不快感から脱出する事には成功する。

嫌な時間を、平凡な時間を、愉しむ心をもって、一挙手一投足を、つまらないものとしてではなく、生きることの一貫だと遊び心をもって行えば、メンタル的にはプラスになるんじゃなかろうか。

歩く事の有用性

もちろん、歩く事は考える事にも繋がるので、マインドフルネスではなく、マインドワンダリングな状態を意識的に作るツールとしても使える。

それはケースバイケース

まとめ

  • 単純作業に意識を集中するというマインドフルネスは有用だが、難しい
  • つまらん動作を、嫌な作業を、楽しむ心をもて
  • 決して、ポジティブになろうという事ではなく、今に集中するために。

難易度の壁はあるだろうけど。歩くことくらいなら割と誰でも可能なんじゃなかろうか。