隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

HIITよりSITの方がええんちゃうの話。

HIIT と SITの違い

ぶっちゃけ、HIITはバリエーションが多いので、SITもHIITの一つと言われたらそれまでなので、区分する意味あるのかと思うんですけど。

SITはタバタなどのよく使われてるHIITに比べて

運動時間が短く、休憩時間が長いので心理的に楽

みたいな印象。

SITのメニュー

  • 2分ウォームアップ→(20秒超全力運動→2分軽い運動)×3→3分クールダウン
  • 全力(超ほどではない)運動60秒→60秒軽く歩く Verもあり

休憩が長いのが良い!

HIIT、特にタバタやった事ある人ならわかると思うんですけど。あのスーパー忙しない感じが、マジで辛いので。

SITを自宅でやる場合。

  • マンションの階段など
  • エアロバイク
  • 自重筋トレならマウンテンクライマー/バーピー/スクワットスラスト/ジャンピングスクワットなど

使える階段が自宅や近所にあるなら、ソレ使うのが手軽だなぁと。

エアロバイクはうちも持ってないし。

自重筋トレならマウンテンクライマーが全力出しやすくていいかなと思います。怪我の心配も少ないし。

次点でジャンピングスクワットかな。こいつはそんなきつくないので、あんまハードにしたくないってときにも丁度いい。

まぁ、全身使う自重筋トレ(or軽量ウェイト) なら大体なんでもいけるでしょうけど。

HIIT/SITともにぶっちゃけよくわからんところ

どっちも運動時間は20秒程度なんすよね。

タバタHIITなんかは、繰り返してると心拍数があがっていくんだけど。SITは2分も休みがある…って事は心拍数すぐに落ち着いちゃうよなぁって思うわけです。

20秒で心拍数がトンデモなくスパイクする事なんて無いので、心拍数自体が上がることが目的というより、それに準ずる動きをすることが大事って事なのかなぁと。よくわからんけど。

結局どっちがええねん問題

インターバルで負荷かけてれば、持久力、心肺機能は着実にあがるはずなんで。

自分が、やりやすい方でええのでは。

まぁ、まず運動初心者がタバタバーピーなんてやると確実に体ぶっ壊すので、それなりに自分の体と相談しながら、レベルあげていくのが良いという事で…

SITでもHIITでも、90%を超える運動ってのはほんとキツイ上に

まぁこれ、よく言われてる事だけど

科学的に正しいかどうかって、最新になるほど長期的なデータがほぼほぼ皆無なので自己責任やで。

って話。

狩猟採集民的生活をするって事を目的とするなら、HIITもSITもやりすぎは禁物だろうと思います。

研究ではよく90%以上を目指すってデータになってるけど、先日山本義徳さんとこの動画でタバタ教授が出てたんだけど、今は80%で効果が出るかの研究もしてるって話してて、狩猟採集民がたまに最大心拍80%以上の運動をするって話と合わせて考えると、90%目指すのって本当に健康かどうかの長期データもないし、まほどほどがいいんじゃないかなーって思ったり思わなかったりそのへんはよくわかんないなーって考えたりして…なんやかんやで

歩く+筋トレ+少量のHIIT(orSIT)がええんちゃうかな。と個人的には考えてます。

参考

高強度インターバルトレーニング(TABATA・RST・Gibala・SIT)の実施方法 - やればできるじゃん!ちょっと走っていいですか?

No.82 高強度トレーニング【HIIT/SIT/Tabata】効果や定義

たった1分で45分の有酸素運動と同じ効果を持つ「SITプロトコル」とは? : NewsSokuhou_R

「階段」こそ最強のトレーニング器具だ!説 | パレオな男

https://yuchrszk.blogspot.com/2017/03/hiit_28.html

yuchrszk.blogspot.com

ミトコンドリアをガッツリ増やすための「二極化トレーニング」テク | パレオな男

狩猟採集民のように動く「パレオダイエットってなに?2015年版 #3」 | パレオな男

ほとんどデータ素がパレオさんのとこなんで、お金払わないとなという気分になる。