隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

ダンベルHIITを始めた

HIITをやるのにバーピーとマウンテンクライマーをやってたんですけど

いかんせん、ドタドタするのがなんかなぁ!ってなってまして。

後単純に疲れてきてからの不安定感が怪我しそうで怖い。特にバーピー

って事でダンベルHIITはじめました。

ダンベルHIITとは

扱いやすい重さのダンベル使ってHIITするだけ。

HIITは持久力をゴリゴリに使うので、重すぎない3~5Kgくらいが主流みたい。

やってるメニュー

  • スクワット (+ ショルダープレス)
  • ダンベルバーピー(飛ばないやつ)
  • ダンベルデッドリフト

HIITで主に使ってるのはこの辺。それぞれ多少のバリエーションがあるんで、色々やってます。

ゴリゴリに追い込むというより、ほどほどに持久力も刺激しつつ、筋肉を鍛えるって感じで丁寧にやってます。

割といい。

バーピーなどの全身系のHIITって疲労が溜まってくると、筋肉に刺激いってるというより、体動かすのに必死で刺激が伝わってるのかとか、フォームちゃんとできてんのかわからんくなるんですけど。

重いもの扱ってるって危機感から注意力が働くのか、丁寧に動けて筋肉もしっかりダメージいってるのがわかります。

通常HIITと比べていいところ

  • どたどたうるさくない
  • 怪我の危険度低下
  • 省スペースでも出来る
  • 筋肉をある程度早く追い込める

個人の感想だけど、こんな感じ。僕だけのデータなので細かい事は知らんです。(権威性ゼロ)

重いもの扱うと怪我しやすい気がしたんですけど、むしろどたどた動く方が危ないなと感じました。ゆっくり丁寧にやって筋肉をしっかり動かす方が安全だと感じましたわ。

筋トレ効果もこっちの方が体感的には高い気がする。あくまで体感。

おわり

ダンベルHIIT、バーピーあぶねぇしつまらんししんどいし、持久力も欲しいけど筋肉鍛えてぇ!って思う人は良いかも。

HIITでも筋肉は鍛えられますけど、デスクワーカーは持久力の方が先に尽きて筋肥大どころじゃなくなりそうなんで、ダンベルあるとちょっとした筋トレに使えて便利っちゃ便利かもですねぇ。

邪魔だから、アジャスタブルなデカイのは捨てようかと思ってますけど。5Kg以下の非可変式のものだと省スペースなんでよいですわ。

余談

素材が安全なゴムだったのでコレを買いました。

某所でビニールダンベルがあって迷ってて調べたんだけど、ビニールって危険性が指摘されてるんすね。ようわからんけど。