隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

後何年でリタイアできるか計算機

networthify.com

某動画で貯蓄率の話題が出たので探してみた。

貯蓄率を計算して、後何年でリタイア出来るかを算出するサイト見つけた。

使い方

f:id:inuo5:20201018130036p:plain

Current annual income → 現在の年収
Current annual savings → 現在の一年間の貯蓄額
Current annual expenses → 現在の一年間の支出額
Current savings rate → 現在の貯蓄率 (自動算出)
Current portfolio value → 現在の貯蓄額
Annual return on investment → 1年間の投資利回り
Withdrawal rate → 引き出し率

上を入力。

英語サイトだけど、比率の話なので数字は「万単位」で日本円で入れても問題なしです。(年収500万なら一番上は500)

遊び程度に

ウチのブログとしては

結局人間にとって社会的活動は必要だから、別に完全にリタイアする金額なんて目指す必要なしってスタンスなので、あくまでお遊びとして、参考程度にどうぞ。

所詮、人間にとって重要な生存力ってお金じゃなくて、適応力だからね。 自然界も適者生存。

お金があれば逃げ切れると思って学ぶことを楽しめない生き方をしてると、イレギュラーで壁にぶち当たるかも。

達成感でドーパミンが出るってのは人の構造として自然な仕組みで、なぜそれが備わってるかってと、柔軟に適応していくために学ぶ事で人間、生物が生き残ってきたという進化の背景があるからだろうと思うわけです。

つまり、「こういう生き方をしよう」って決めてしまって、「セミリタイアマンセー俺は二度と働きません!」みたいな

生き方を決めてしまって曲げない精神だと、生き残れないかもしれないからね。

強制的に学ぶのはクソだけど。

人間の脳は、自発的に学ぶことは楽しくなるようできてるのはそういう事。

参考

リタイアと貯蓄率についての話は以下の書籍が参考になります。