隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

死と欠乏:4%ルールシミュレーターを試す。

engaging-data.com

面倒なので、1ドル=100円で。

f:id:inuo5:20200914094102p:plain

4%+65から年間50万くらいの年金がもらえるとして計算。

35~105歳の70年間のリタイア人生を送るとどうなるか…という計算です。

4%で「増える」可能性

使い切る問題については今までも

  • 柔軟に生きる
  • 小さく事業をやる

などの話を書いてきましたし

結果を見ても、70年間の失敗確率は20%以下という事で、生活費を全部資産収入に頼るわけではないので、まぁ問題ないでしょうという感じだけど。

元本が5倍になってる確率が60%以上あるのは驚きですね。

とりあえず減らさなければ問題ない

とりあえず、これから読み取れる事としては

  • 4%ルール達成後に気をつけることは「減らさないこと」

かなと思います。

いつ減ってしまうかを気にして生きるより。

減りようがない状態を作る生き方をすればいい

結果的に

上に書いたような、時代に適応して生きる、小さな事業をやるなどで、最低限の生活費さえ稼いでいれば、まぁ将来的なお金の心配は問題ないでしょうって話。

しかし、そもそもそういうCoast FIRE的な生き方をするなら4%も必要ないんですけどね。

シミュレーションしてないけど、若い世代+生活費分は働くっていうスタイルなら5%とか6%でリタイアしても実際のリタイア年齢には十分な資産になってるのではなかろうか。

4%ルールの問題点

債権の利回りの低下などから、もう4%ルール無理じゃね?って論もあるんですよね。

3.25%が妥当では?って話に落ち着いてるとか。

こういう面も考慮して、「絶対」を求めるまで生きてるきりがないよねって事で、ほどほどにフレキシブルに

ギグワークの一つでもちまちまやりつつ生きるのがベターかなと思いますよ。ほんと。

余裕を作ったら自分が得意な事や楽しめる事で小銭を稼ぐくらいの事はしておくのが、楽しみとしてもお金の心配をへらすためにも最善策でしょうな。

死亡リスク

ウチのブログらしく死の話もついでに。

f:id:inuo5:20200914094624p:plain

CoastFIREのような生き方も含めて、「今」どう生きるかをよくよく考えるべきかなと思いますよ。おじさんは。

まだ足りない、4%まで足りないからFIREしちゃダメだ。なんて生き方してると

明日死んでるかもね。

人生ってのは、究極的には「今」しか存在してないので。

バランスを見誤って、将来のために今をないがしろにしないように。

具体的にどうすりゃええねんって事については、色々選択肢はあるだろうけど

  • 取り崩し率を3%以下にして一切働かない
  • 4% + 生活費くらいは稼ぐ (もしくは生活費の半分程度)
  • 5%、6%ルール + 全生活費を稼ぐのスタイルで 将来的にお金の心配をしなくてよくなるように

などなど。フレキシブルに。自分の価値観にあった形で考えるといいですねぇ。

僕は 「4% + 最低限の生活費は稼ぐ 」のスタイルでいきたいかなと思います。