隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

【欠乏感】なぜダイエット飲料を飲んではいけないのか。

先日知人と「糖尿病」の話にでたのでとちりあえず思うことを適当に

血糖値は上がらないのかもしれない

糖尿病という観点でみれば、通常の砂糖飲料より問題はないのかもしれない

これに関しては、医療の事なので各自ちゃんと調べてもらうとして。

「上がらないかもしれないが」という事で話をすすめる。

ドーパミン受容体の減少

血糖値はあがらなくても、清涼飲料水は手軽に手に入る上に、甘味が多量に使われているため、ドーパミン刺激が発生する。

簡易的な大量のドーパミン刺激が、ドーパミン受容体の減少を誘発させるという話は、このブログで「依存」というテーマでもって書いてきた。

  • 血糖値はあがらないかもしれないが、ドーパミン受容体は現象するであろう

と僕は考えている

これは、糖尿病とかそんなレベルではなく、幸福度を下げるという観点で「最悪」だ。

欲があるから苦痛がある

幸福論として「欲があるから苦痛がある」というのは仏教はじめ、色々な哲学でも変えて伝えられ続けている事。

これは「すべての欲」ではなく「ドーパミン型の欲求」と解釈すべきかもしれない。

求めても求めても、再現性がないどころか、大きくなるもの。

  • バランスが取れない。
  • 自分でコントロール出来ない

と感じた時には必ず自制しなければいけない。

そうしないのであれば、

欠乏に満たされる事になる。

際限なく、清涼飲料水を飲むと体を壊すのはわかっていることで、これが問題のないものたとえば「水(もちろん限度はあるが)」ならば大きな問題を呼ばない。

体を壊してしまうとわかっていて、尚且「無くても死なない」ものならやめてしまっても問題ない。

満足な豚であるより、不満足な人間である方が良い

しかし、

  • スマホがないとか信じられない~

と発言するJKのごとく、自制の出来ない、幸福とはなにかを考えない大人たちは

  • ビールがなければ
  • コーラがなければ
  • ラーメンを食わなければ
  • ………幸せにはなれない

と思い込んでいる。

強すぎる刺激は、浴び続ければ、「無くても良いもの」が「無いとダメなもの」になる。

これを依存と呼ばずしてなんと呼ぶのか。

そして、それらを飲食することができなくなるまで摂取して体を壊し

もう二度と食べられない状況を作る事が幸福といえるだろうか。

スマホの通知にすべて反応して「時間がない」という若者をバカだと思っても、ラーメンを食べてラーメンが食べられない体になることは馬鹿ではないのだろうか。

自分の事を管理できないほどに「欲」を刺激するものからは、離れた方が 結局は幸福なのだ、と思うよ。おじさんは

「満足な豚であるより、不満足な人間である方が良い。それと同じように、 満足な愚者であるより、不満足なソクラテスである方が良い。」ーーJ・S・ミル