隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

さよならYoutube体験:ドーパミンリセット

Youtube断ってから数日経過して

すこぶる調子が良い。

Youtubeから離れて、ドーパミン受容体が回復してきたかもしれない

ドーパミン受容体がバカになると、満足感が得られなくなってくる。

これは依存の典型パターンで、より多く量を求めるようになるが、ドーパミン受容体がバカになれば量を増やしたところで満足感は遠のいていくだけ。

YoutubeやSNSは薬物のように、身体に過度な害を及ぼさないので、それ故に気づき辛いが

確実に問題は起きている。

ドーパミンがバカになると、達成に労力が必要な行為ができなくなったり、性欲が低下したり、イライラ、うつ傾向など、心身に影響が出る。

これらの状態が満足感への欠乏感をもたらし

それ故に、依存メディアにふれる時間が増える。

するとどうなるか。

欠乏感は連鎖する。

結果的に、時間的、体力的、精神的な欠乏が発生する。

  • 第一に時間がなくなる
  • 焦燥感が生まれ、精神的欠乏につながる
  • 精神的欠乏は、活動量低下を引き起こす
  • 心身ともにネガティブな状況に陥る

依存の連鎖は結構怖い。

やめて思ったこと。

明らかに、仕事が楽しい。

僕は、資産運用+短時間労働のセミリタイアで、勝手にハイパフォーマンスセミリタイアとかかっこよさげな響きのセミリタイアをやってるんだけど。

www.inoinu.com

www.inoinu.com

仕事を早く終わらせる事が目的になっていた。

しかし、今は、仕事をこなす事が目的になってる。

これは、YoutubeやSNSなどのメディアによるドーパミン分泌がなくなったことで

「何かをこなす」という正常な方法でドーパミンを分泌せざるを得なくなったからだろう。

仕事をこなすことが、単純に楽しい。

同時期に、作業量管理方法をアップデートした事も影響していると思う。

何かをこなした事を記録するのは、これもまた生産的なドーパミン分泌につながるため、自分の行動を生産的な行動に依存する形に持っていける。

もちろん、ワーカーホリックになる可能性もあるので、運動や、趣味など別のものでもドーパミンを分泌させていくことでバランスを取る必要があると思うけど。

まとめ

言いたかった事は。

  • 超正常刺激でドーパミン分泌させるのをやめて
  • 生産的な活動を行った記録をつける事で
  • 生産的な行動習慣を楽しめるようになるぞ

って話。

Youtube対策は何度かやって失敗したんだけど、今回なぜうまく言ってるのかは謎。

  • 拡張機能で24時間一切見れないようにしたこと
  • Podcastに置き換えた事
  • 感情の観察がうまくなった事
  • そもそもYoutubeで学ぶものがイマイチ無い事

この辺かなと思う。わからんけど。

まぁ、学習ツールとしてYoutubeは優秀でもあるので、一旦さよならしたら、またそのうち

時間制限や曜日制限で使えるようにしていこうかなとは思ってます。

ただ、今の所、無くても問題ない感じなので、復活させるかはわかりませんが。