隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

お金系、仕事系のYoutubeを生活から排除した。

お金、仕事Youtubeを排除した理由

  • いくら情報得てもTodoが増えないので、もうコレ以上考えても無駄と判断
  • 絵や3D、漫画のためのインプットに集中したい
    • そっちのが楽しいし。

こんなかんじ。

お金系Youtubeの情報量の少なさ

結局いきつくところは

  • インデックス投資しとけ

って話になる。もちろんその結論にいたるには学者たちの膨大な研究があってのものなので、一言で済ませられるとは言え、その裏の理論や過去データの統計分析には感謝してる。

でもそれを繰り返しインプットする必要はない。

インプットしたところで、やることは何も変わらないんだから。

もちろん、サテライト的に個別株買ったりしたいならアナリスト予想とか、今回の感染症の事みたいに感染症が拡大すると…とか景気後退するとどういう株が伸びてどういう株が駄目になるのかみたいなのを経験として知っていく必要はあると思う。

でも僕の個別株投資は、ほとんど気分で選んでるし、資産の1~3%程度までしか使わないので、ぶっちゃけ細かい分析とかどうでもいい。

というか。

細かい分析したところで、あたらないってのはインデックス投資家なら常識レベルの話。

それでも、TDOCとか今後もっと意味を持ってくるんじゃないかなとか思ったので買ってみたり…みたいな事をしたくなる。

これは未来への期待であって、予測という感じではない。

インデックス投資以外は、俺は雰囲気で投資をしている。

だから観る必要はない。

仕事系Youtubeも繰り返し

  • 時間はトレードオフなので、無駄時間を削って やる事やろう

って事に色をつけてごちゃごちゃさせてるだけ。

細かいテクニックとか自分に合うものを探したり、そのテクニックにバリエーションつけるって意味では情報収集は無駄じゃなかった。

でも数冊の本を読めば事足りるような内容を繰り返し読んだり聞いたりする必要はもう無いかなと。

自分で言うのもなんだけど、生産性別に低くないし。今現在も三ヶ月後の仕事に着手してるくらい先延ばさない人間になれたし。

おすすめはやっぱヤバい集中力か。

これ一冊でも事足りるレベルだと思う。後は心理学や脳科学についての予備知識を仕入れておけば十分。

とはいえ知識アップデートは必要。

とはいえ、科学は日進月歩で日々変わっていくので、ある程度の頻度での収集は続けようと思う。

思うものの。

現在の自分の生産性が下がった時に復習やアップデートをかねて行う、というくらいのスタイルで十分で

今までの自分は

最新科学は先に知っておかなくては!

ッテ意識だったのでやりすぎだったかなと思う。

仕事系、お金系は日々の情報源をしぼる

日々の情報源は

  • 鈴木さんのブログ「パレオな男」
  • メンタル系は樺沢紫苑先生
  • お金は…もういい。

このふたつあたりをフォローしつつ、時折入ってくるネットニュースから必要に応じて論文検索して読めばいいかという感じにしようかなと。

情報中毒だった

完全に自分は情報中毒だったなと思う。

早く新しい情報を!ってなってたけど

知的好奇心は満たせるから面白いと思うものの、

そこからTodoのアップデートが出来てない時点で意味の無い行為だと気づくべきだった。

生産性もあがらない、メンタルにいい影響もない、お金についてもやることが変わらないなら、インプットする必要がない。

そんな事ならお笑い見てる方が価値が高い。

これから頭に入れるもの。

これから頭に入れるものは、漫画、絵、3D に関係するものだけ突っ込んでいく。

後は、ライフワーク的に哲学、心理学、脳科学。

漫才コントも会話の掛け合い作る学びになるから観る。

とりあえず、刺激的にやばいやばいを煽ってるお金情報や、これを知らなきゃ取り残される系の仕事術に惑わされないようにしないとね。頭が疲れるし。

まとめ

インプット中毒だった。

インプットしてる事に満足してた。

でもTodoが変わらないならインプットの意味なんて無い。

なんで早く気づかなかったのかな。これが依存状態の怖さなのか。自分がおかしい事に気づけなくなるというか。

一回、情報中毒だなと気づいた事があったのに、あの時からあんま変わってなかった。今回はガッツリチャンネル登録も消したし、日々の漫画関連のインプット源も確保したから、たぶん大丈夫。

お金

  • インデックス投資で全世界平均を買う

仕事

  • いらない時間を削ってやることやる
  • 小さいタスクを記録する → ドーパミン
  • ドーパミン受容体を鈍らせないために、超正常刺激を減らす。

幸福

  • 幸福について → 依存ビジネスに乗っからず楽しめる事をやる
  • できれば人や動物を触れ合うと良し

小さくまとめるとこんな感じじゃ。

食事や運動みたいな当たり前の事は当たり前として書かないけど。これを理解するために日々繰り返し情報を得る必要なんて無いよねぇ。

漫画読んでた方が何倍ましか。