隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

FIREは資金よりリタイア後に続けられる事業を作る方が大事かも。

セミリタイア達成のためには資金が必要ってのが割とFIRE業界の常識みたいになってるけど

結局、人間って働くで

ってのが思うところ。

最近セミリタイア系の動画をいくつか見てたんですけど

この人間は結局社会的繋がり、立ち位置を求めるってのがリタイアした側の共通認識っぽい。

リタイアしてだーらだら、みたいな理想ってのは、忙しすぎる人が抱く幻想で

実際は暇ほど辛いものはない。ってのが現場にいる一人のセミリタイアーとしての意見でもある。

適度な仕事は楽しい

僕はゲームをあまりやらないんだけど、これはドーパミン受容体がバグるからなんですよね。

ドーパミンはやる気や健康に関わるものでもあるけど、依存にも関わってる脳内物質でもある。

人間にはドーパミンは必要なんだけど、それを簡易的な方法…例えば

  • ゲーム
  • ギャンブル
  • SNS
  • アルコール

などでドーパミンを分泌させるようになると、あまりに簡易的すぎて依存しちゃうんですよ。

これはQOLだだ下がりになってしまう。

リタイアした後は、ゲーム三昧やで!

みたいなのってただただゲーム依存の残念人生にたどり着くだけで、なんもハッピーではないと思うんですよね。

アランも言ってる通り、傍観者であるな。やる側でいる事ってQOL維持にめちゃくそ大事。

ひろゆき氏も同じ話してる。

アランの幸福論 エッセンシャル版(特装版)

アランの幸福論 エッセンシャル版(特装版)

  • 作者:アラン
  • 発売日: 2015/11/19
  • メディア: 文庫

無敵の思考

無敵の思考

  • 作者:ひろゆき
  • 発売日: 2018/04/13
  • メディア: Kindle版

セミリタイアのためにやることって、副業/事業の構築なんじゃないの?

僕は幸い、仕事が自営業なので、あまり感覚として無理せずこの状態を維持できてますけど。

サラリーマンがリタイアする時って、事業、副業、いわゆるライフワークになるものを構築しないとリタイア後の人生やばみあふれる事になるんじゃないのって思うわけです。

みんなが知ってるセミリタイアーは、代替ブログかyoutubeやってるから、そういう感覚がわかんないかもだけど

もし彼らが発信する事を失ったら、幸福な人生を送れるのかなーって思ったり。

実際、リアルの友達と遊ぼうとしたって、セミリタイア人間の周りにセミリタイア人間が沢山いますなんて事もなかなか稀な話な気がしますしね。結構暇を持て余すのがオチではないかと。

後は社会的繋がりに対する感覚を喪失してしまって、オキシトシンの分泌されない不幸を背負うような人生を送る事になってしまうかも。なんて。

だから、リタイアする前に事業を作っておく事の方が、金融資産の形成より大事な作業になってくるんじゃないかなーとか。そんなこと思うておりますわ。

事業作れば資産形成も小さく済む

そんでもって、事業で月10万稼ぎます。みたいな状態になれば

4%取り崩し計算でも、3000万分の資産形成が不要になるんですよね。

でかいですよね。

年間200万で生活する人なら、4%ルールでは5000万の資産が必要になるわけだけど、月10万稼ぐ事業を作れれば、2000万でセミリタイア出来る計算になりますし。

ギリギリリタイアはどうなのかーみたいな事は一旦おいておいて、計算上はね。

まとめ

  • FIREした人の「リタイア後も結局ほどほどに働く」は僕の体感からも事実
  • つまり、資産形成より好きな仕事、やりたい仕事で事業を立ち上げるのはほぼ必須
  • 月10万稼ぐ事業が作れれば、セミリタイア資金が3000万 減額出来る。

って話。

ぶっちゃけ、3000万の資産を被雇用者の立場で形成するより、月10万の事業作る方が簡単だし夢あるしQOLあげられるし、楽しいでしょうよ。

なんかこう。

リタイアが目的になってる人多いし、僕もそうだったけど、実際リタイアは目的っつーより手段で

リタイアしたあと何するかってのがしっかり見えてる人って少なかったりするんじゃないかなって。

もちろん、僕もその目論見を見誤った失敗側ですが、運良く自営業だったので仕事を通してメンタル立て直しがすぐに出来たものの

最悪、リーマンリタイア組は、そういうのを見つけられず依存症コースなんて事にもなりかねないかなーとか思って

事業!って堅苦しい言葉で言うとアレですけど、内省して、ライフワークの一つくらいしっかり持ってからリタイアした方がよろしいかと思います。

ま、人のことだから、しらんけど。