隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

命に価値なんて無いのだから適当に生きろし

生物ってのはただのエネルギー(原子やら分子やら)の流れの一つなので

そもそも命にも価値なんてないんですよね。

それに価値を感じるのは、人間がそう感じているだけであって本質的に生命の存在に価値があるわけではない。

死んでも問題ないようにできてるわけだし。

それを循環して宇宙はエントロピーを増大させていっている。

僕らはその一部として、ただ物理現象として世界(宇宙)が拡大して雲散霧消するための潤滑油になっているだけ。

これは宇宙規模の話だけど、こういう視点があると結構楽に考えられるようになる。

命に価値なんてないんだから、別に死んでもいい

自殺については、以前書きましたけど。

認知の歪みの場合、正す事で人生を楽しく生きていける可能性があるため対処するための助けを求めた方がいいでしょう。

でも、それも含めて、別に死んだって何も変わんないんですよね。それが正しいと思える選択ならば。

エピクテトスも「理由なき自死」については否定してますが、「自殺」そのものは否定してません。

ニヒリズム的に、ネガティブに生命の価値という事実を受け入れる事はあまりお勧めできないけど。

価値がないなら死んでもいい。でも、適当に生きてもいいじゃんよ

って考える事もできるわけです。

「生まれてきた意味」みたいな謎のスピリチュアルにとらわれて、あれこれ生きる義務を課してる人多いけど、

価値がないんだから、生まれてきた意味なんてものも、無いのよ。

じゃあなんで自殺しちゃうのか

生きる事に対して真面目過ぎる人ってのが、現代には多すぎて

それはまぁ、資本主義を回すための群衆的心理というか、社会心理というかそういうもののせいで

「社会に馴染めない自分、生きてても仕方ない」 みたいな事考えちゃう人が出てきちゃうからだったり

お金稼ぐのが下手くそで、経済というシステムに乗っかれず困窮の結果死んじゃったりするわけだけど。

  • 前者は 「他者との相対比較をやめる事」
  • 後者は「社会保障システムを利用すること」

で結構なんとか生きる事は出来るわけです。

それでも死んじゃうのは

  • ●●でないと、生きてる価値が無い

という認知の歪みによるところが大きいと思うんですよね。

認知の歪みは色々なパターンが10種類くらいあるので割愛しますけど、ここでは「全か無か思考」ってのが当てはまるかと思います。

  • お金が稼げないなら~ (生きてる価値がない)
  • 結婚できないなら
  • 家族がいないなら
  • 社会貢献できないなら
  • イケメンじゃないなら
  • タワマンに住めないなら
  • 車買えないなら
  • 美味しいごはんが食べられないなら
  • (振られて)彼氏がいないなら

こんなの。

客観的に観ると、どないやねんってのも含まれてしまうけど、それが認知の歪みの怖いところで

本人はその変化に気づけんなかったりするんですよね。

こういうのはうつと同じで、そう思い込んでしまうくらい真面目な人ってのがハマりやすい。

認知の歪みをチェックせよ

認知の歪みチェッカーってアプリがありまして、普通に使えますので、これでとりあえず急場をしのいでみては。

認知のゆがみチェッカー - Google Play のアプリ

適当に生きろし

「どうせ死ぬなら、やりたい事やって生きよ」

ってのが言いたい事。

命に価値がないんだから、命を維持する事にも、捨てる事にもそんな構えなくていいって思うんですよね。最近。

生も死も自然の摂理で、それは仕方のない事。

だからあんま真剣に考えすぎずに、もっと適当に生きよう。

やりたい事やればいいし、適当に生きればいい。

社会のシステムは多いに活用すればいい。

人間は複雑系、多様性を維持するために社会性を維持すべきだと思いますので、現在の社会システム上うまく生きていけない人達を救う手立ては

責められるべきものではないと思うんですよね。(生活保護とか、もちろん不正受給は問題だけど)

ってことで、 命に価値なんてないんだから、あんま重く考えず、適当に生きろし。

ただし他人に害をなすな

功利主義的な考え方ですが。

社会的な幸福を下げるような真似をして、他人に害をなす行為は功利主義に反します。

他人に害をなしてまでは、自由は承認されませんので。その辺はわきまえて。

余談: やりたい事がないですって人

これも一個トピックかける話だけど

最近思う事ととしては

感情の変化に従え

って感じ。

僕はセミリタイア生活やってて、こう虚無感みたいなものに襲われる事が多かったんですけど、

最近。やっぱり漫画読んでるとか描いてるとか、アニメとか映画みてるとか、そういうのが好きだなーって改めて感じまして。

依存ビジネスが横行してる現代では、こういう素直に面白いと思うものの前に依存性の高いSNSやら動画サイトに時間食われて、やりたい事がよくわかんなくなっちゃったりするんでしょうね。

最初は、インプットばっかでいいと思いますよ。

で、出来れば手軽な方法でアウトプットも色々試してみれば。Twitterなんか手軽ですし。

アウトプットしないとインプットしたことなんてすっとんじゃうんで、とりあえず何でも良いから、しっかり楽しめる事見つけていくために色々インプットして、その仮定でコツコツアウトプットもやっていくことで記憶を蓄積して、武器にしていく。

そんな感じ。

それであわよくばお金稼げればいいし、お金稼げなくても楽しいって思えるならそれで十分かとも思いますし。

まずは、楽しい事見つけないと、適当に生きる事もできないですからねぇ。

小さいアドバイスですが、スマホの通知くらいはオフにしておきなさいな。

関連文献

生きているのはなぜだろう。 (ほぼにちの絵本)

生きているのはなぜだろう。 (ほぼにちの絵本)

実存主義 (岩波新書)

実存主義 (岩波新書)

迷いを断つためのストア哲学

迷いを断つためのストア哲学