隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

「死の恐怖」の対処法

「死の恐怖」の対処法は

一つしか無い。

受け入れる事だ。

死は逃れようの無いもので、いくら考えたところで意味がない。

若くして死ぬ事が不幸に見えるのは、相対的に他の人間が長く生きているからそう捉えてしまうだけ

自分自身、自分の人生を一つの単位として捉えた場合、何歳で死のうがそれが「寿命」。

年齢やまだ経験していないこと、それを後悔しながら死ぬ事は辛いかもしれないが、それは死ぬ直前に感じるべく感情であって

いつくるかわからない死への恐怖を、悶々と頭の中で反芻する必要はない。

死はいつか必ず、誰しもが迎えるものであって、それそのものが不幸なのではない

それをどう捉えるかが問題だ。

これはもう、逃れようがないのだから、受け入れるしかない。

受け入れた上で、自分がコントロール出来る事だけに集中して生きる。

未来に起きる死という未知の恐怖に時間を無駄にしてないで、「今出来ること」を精一杯楽しむしかない。

いつか必ず死ぬのだから、死について考える事で、人生をすり減らしてしまうのは、無駄な時間によって総合的に人生を短くしてしまうだけだ。

今できる事に、意識を向けよう。