いのいぬ.com ~お金と哲学と死など~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

他人を変えようとしてはいけない

他人を変えようとしてはいけない

他人の人生は他人のものだ

自分の力でそれを捻じ曲げようというのなら、それがいかなる場合であっても他人の人生を支配することになる

「良かれと思って」と他人を支配するのは自分にとっても善い選択とは言えない。

自分の良い悪いの基準を他人に押し付けるのは、他人の思考を支配することと同じ。

確かに、結果的に、他人のためになる事はあるかもしれない。

しかしそれは結果だ。

結果がどうなるかは、原因の改善と必ずしも結びついてはいない。

どうしても変わってほしい人がいるなら、自らがそれを実践し、それを見せる程度にとどめておくこと。

ましてや、自分が出来もしない事を他人に押し付ける事は

それがたとえ自分の子供であっても、あってはならない。

自らができない事を子供に期待するのは、互いにとって苦痛を増やすほか無い。