いのいぬ.com ~お金と哲学と死など~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

寂しいときは寂しいと言えばいい

孤独や独身についてはいくつか記事を書いてきたけど

 

虚勢を張って寂しくないフリをするのは、孤独であることより問題だ。

 

自分が、自分の感情と向き合うのをやめてしまったら

 

一体誰が自分の心に寄り添ってくれるのだろう

 

寂しいときは寂しいでいい

 

自分に対しては正直でいなければならない

 

自分を暗い箱に閉じ込めて生きるのであれば、たとえ物理的に孤独でなくとも、孤独感に悩まされることになる

 

寂しいから不幸なのではない

 

寂しいということを、無視することが不幸なのだ

 

寂しくないから幸福なのではない

 

寂しいことを認めることができるなら、幸福なのだ