隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

「デフレだったから現金が正解だった」は本当なんだろうか

デフレだったから円保有が正解だったって、本当かな?

って、疑問。をデータも使わずぼんやり考える。

日本国内では正解

確かに、日本国内だけで観ると正解だったと思う。

日本はデフレだったから、円の価値は安定してた。

バブル崩壊からアベノミクス相場前までは、たしかに円保有は結構優位性は高かったのは事実だと思う。(失われた何十年ってやつ。今も失われてるままな気がするけど。

それでも株を持っておいた方が資産収入の面からして強かったとは思うけど、現金の価値の安定性が高かったってのも正しいはず。

しかしそれは「日本の中だけ」の話し

経済は日本だけで回ってるわけじゃない。海外との相対比較が必要になる。

ドルと円

ドル円の推移でみると、円の価値はバブル崩壊前に比べると高くなってるので、為替レートで観ると正解だと思う。

1971年、ドル円は350円で、今の3倍…とは言わんがそのくらいある。

これは日本が経済成長したことで、円の価値が高くなったという解釈でいいのか、為替関係でグローバルな改革があったのか知らんのだけど。

何にせよ高くはなってる。

だから、これも一応、円でもっていた方が正解…と考えていいのかもしれない。50年前からの話しだけど。

バブル期からみると、150~現在の100円前後なので、これも正解と言っていいのかな。

海外の労働収入と日本の労働収入

この辺がすごく疑問。

平均年収では測れず、時間単価まで考慮しないと結論は出せないんだけど。

現在のレートである1ドル107円くらいのこれ。

  • 1ドルを得る事と、107円を得ることは等価かどうか?

これが結構疑問だったりする。

洋ドラなんかを見てると、100ドルが相当重い存在のように表現されてるので、1万円より重そうだな…と感じる事はあるんだけど。

実際どうなんだろう。

日本人はかなり長時間労働だなんて言われてて、この辺の労働環境の問題まで加味して計算しようとすると

どう計算すればいいのか、さっぱりわからんのだけど。

これは等価なのかな?って。

でもそもそも、海外に簡単に投資出来なかった。

過去は今みたいに簡単に投資できる時代じゃなかったから

まぁ過去どうだったか、どうしておけばよかったかは謎なんだけどね。

まとめ

世界のレベルでのインフレ率の差や、GDP等の推移の比較をしないとたぶん出せない答えなんだろうけど。

当時のレートやインフレを考慮した上で、「円ではなくS&P500を持っていたらどうだったのか?」という疑問ってどうやって調べればいいんでしょうね。

  • 米国内でドルを使って株を保有し続けたら

ってのはわかるんだよ。これは、 米ドル基準で、米国のインフレ率、現在の米国経済のグラフもあるし。

  • 円を使って日本株もしくは海外株を保有していたら?

ってのを当時の日本経済のデータを加味した上で計算するのは、ボクには到底無理。

確かに、71年から見れば、300円が100円になってるんだから、円で持ってた方が正解だろ!って短絡的にはなるんだけど。うちの母親が小さい頃は5円とかでソフトクリーム買ってた時代だからなぁ。

よくわからんのよなぁそういう価値観の比較の仕方が。

71年頃から比べるなら、日本経済が成長したのは事実で、日本円の価値はたしかにガツンと上がったから、これは日本円保有で問題なかったように思えるけど。

バブルあたりからだと、「デフレだったから日本円持ってたのが正解」ってのは本当に正しい論法なんだろうか。

日本だけを見ていないだろうか?

日本が成長してないからこそ、円ではなく海外株を保有していた方が資産は増大していて、それは労働収益率の推移と比べるとどういう結果になるんだろうか。

考えても仕方ないが。正解だったと一概に言えるのかはやっぱ謎。

こういうどこかにデータあるのかな?

各国が通貨発行権を持ってて、その通貨を基準に物価の推移が起こって経済が動いてる。そして今はグローバルにそれが流れてる。インターネットの普及で今後、どこから何が変化するか、イノベーションが起きるかなんて本当にわからない。

それ故に、すべてに分散するって選択をする事がボクには合ってるのかもしれない。

円が正解だったとしても、当時の人が現状を理解して円を保有したわけではない。ただ株に投資するという選択をしなかっただけ、知らなかったとか出来なかったとかも含めてね。

正解だったとしても、運がよかっただけの一点張りの結果。未来予知は出来ないからね。

それ故に、すべてに分散するって選択をする事がボクには合ってるのかもしれない。 なんて思ったり。

www.inoinu.com