隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

ドルコスト平均法の虚言「時間分散のために積立投資を…」←「え?」

時間分散と、投資をする時期をずらす事を一緒にしてしまってる人がいます。これは有名お金系youtuberとかも間違ってる事なのですが。

いかんせん、今まで株高だったことから、キャッシュポジションを多く持っている事と、投資時期を見計らってしまう自分の心理的な面での立ち位置からちゃんと書くべきかどうか迷うところだったので、

とりあえず、ボクはちゃんと説明できませんので他人に丸投げスタンスで。

コレに関しては、ROKOHOUSEさんがすごくわかりやすく文章まとめてくれてますんで一回読んでおいた方がいいかも。 後は山崎元先生や水瀬さんも。

ドルコストと時間分散について

個人的にポイントだと思う所を要約すると

  • 一括とドルコス、どっちが結果リターンが大きいかは、後のグラフの形次第
  • 時間分散ってのは常に一定量を持っている概念なので、投資をする時期をずらすというのは誤解
    • 誤解というか、誤用かな。 ボクも間違って使ってる記事があると思う。
  • タイミングがわかる人(そんな人いるのか) ならタイミングを待って一括がベスト
    • だけど基本わからないので。まとまった投資予定のお金は「一括」
  • ドルコスは最悪の場合、リスクの先延ばしになる。
  • でも給与などの定期収入から入れるには、必然的にドルコスになるので、それは積立でOK

って感じかな。

リスク許容度 と見合わせて、スパンと入れておくのが一番です。

チャールズ・エリス他、多くの著名投資家、投資本にも書かれてますけどタイミングなんて見計らうの無理だし、無意味。それアクティブ運用と変わらん。

でも今までが妙に高かったのは事実。今が買いかはわからないけど、十分割高感はなくなったので突っ込める。

で今回の下落も踏まえて株高局面で投資しづらい感はすでに抜けてるので、この先あがる下がるはどうでもいいので、理想アセアロを作っていきます。

キャッシュポジションから、10%近く株に移しました。

このお金は10年以上、下手すりゃ20年以上手をつけないお金なので、緊急で必要になったら取り崩せば良いわけですし、問題なしです。

この感覚得られたってのは今回の下落のおかげかな。

日本円と株を相対比較する意味あるのか?

ってのが今回の変化のポイントの一つかなと思います。

下落のおかげでいろんな記事に触れられて、ほんと、今回はかなり勉強になりました。

予約投稿でこれ以上お金の勉強しないぞ!って個人ファイナンスのボクなりの総括的な記事を後日アップしますけど、コレについて書き忘れてたので。

ROKOHOUSEさんは非常に有用な記事を上げてくださってる方なので、一通り読んでおくと投資方針固めるのに役立つと思います。時間分散ドルコストだけでなく、為替リスクについてなども勉強になりました。