いのいぬ.com ~セミリタイアとお金と哲学と死など~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

マインドフルネス仕事

雑記です

一日3時間以上もあらゆる瞑想やマインドフルネスに取り組み始めて、反芻思考がかなり減ってきた井上です。

あらためて、歯磨きとかドアノブを回すだけでも、なんでもマインドフルネスに利用できるなと感じてるいのですけども。

仕事も使えるのでは…。

ってのが最近の気になる所。

文章仕事はさすがに、難しいのかもしれないけど。絵を描くくらいならええ感じです。

結局目の前の事に集中するのがマインドフルな脳で、DMNが穏やかになってる状態って事なら、仕事もそれに使えるだろうって話しで、最近は自然音だけ流して仕事してます。

模写等の絵の学習も、マインドフルにやれるなぁって気づけてきました。

とはいえ、

マインドフルネスだと、DMNが休みっぱなしなのでアイデアがわかないらしい、意識的な拡散思考状態は必要みたい。

マインドフルネスの利点は

  • DMNの働きを穏やかにして脳を休め、 反芻思考を止めること

にあるみたいだし。ネガティブな反芻思考が脳を疲弊させるらしいので。

ただ、意識的な拡散思考状態(マインドワンダリング)は大事らしい。なんか確かにワケワカラン言葉ですが。

意識的に、無意識的になるみたいな。

yuchrszk.blogspot.com

この辺のバランスは

  • ネタ考えるか
  • 計画立てるか

みたいな時には思考を開放して自由にしてやればいいって事で捉えておけばいいかなと思います。

ーーーーー

最近、アーチャーチャンってかわいい名前の、大長老的な人の本読んでるんですけど。仏教にはマインドフルな生き方というか、執着を手放す生き方の知恵が隠されてるので、欲に振り回されて生きたり、苦痛にばかり目を向けてしまう人にはいいヒントになるかなと思います。

宗教的な意味で信者になる必要はなく。

ミニマリズムとか流行ってるのも、そういう幻想を信じる生き方に疲れてる人が多いからだと思うし、仏教は現代人が楽に生きるヒントが詰まってると思いましたよ。おじさんは。

まぁ、もう仕事しなきゃなんで仕事するけども。

欲は減ってきたけど、苦痛には悩まされる事が多いんで、仕事を瞑想にしたろくらいの気持ちで仕事してみようかなと思います。

そもそも描く事ってマインドフルな状態に近いらしいので、ラジオつけたりYou Tubeつけてやるなんてもったいないですからね。

結局知識なんて死ぬ時役に立たないし、そんな事よりメンタル的な平静の方が重要。