隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

ホリエモンの「あり金は全部使え」について

あり金は全部使えって言われても…ってなるのが本音の井上です。

ちょっと「アレ?」と思ったことがあったので撮ってみましたが、全然うまく喋れなかったのでブログにもしてみる。

anchor.fm

結論

  • あり金全部使えるほどの投資先なんてない。
  • それが見つけられるのは実業家マインドの人
  • 実業家マインドの人は、外へ意識が向いてる。(信用等を稼ぐ事
  • 芸術家マインド(クリエイターマインド)の人は、内側に意識が向いている。(他人の評価より技術向上
  • クリエイターマインドの人は「生活費」「時間」への投資がベストな選択だと思う
    • 家事系家電はケースバイケース→家事はやるべきかもしれない(拡散思考はアイデアの源泉だから
    • 生活費のための株式投資(インデックス投資)は大事だと思う

こんな感じ。

あり金全部使えるのは 実業家マインドの人だけではなかろうか

まず、思ったことは

そもそも、あり金使い切れるほどの投資先がねぇ!

って事。

これは実業家思考だからこそ思いつく事なんだなと思った。

ホリエモンは書籍の中で

  • 飯を食う事、人に会うこと

みたいなのを取り上げてるけど、これは実業家的思考というか。人とのつながりにこそ意味や価値を見い出せ、信用やビジネスにつなげるマインドだからやれる事だと思う。

僕みたいな内向きに意識が向いてる人間を、どう称すればいいか迷ったけど、今回は「クリエイターマインド」としよう。かっこいいし。芸術家って言葉をPodcastで使ったけど、日本は「アートはこうあるべき思考」の人がおおくて、鬱陶しいので芸術って言葉は今回避ける。

クリエイターマインドの人は、もちろん職種によるけど職人タイプというか、自己のスキルに重きをおいているクリエイターはぶっちゃけ「人に会うくらいならスキルを向上させる事に時間を使う人間」だ。

もちろん、刺激は創作の足しになるが、割り当てる時間、お金のリソースの比率は、スキル向上> 刺激 だと思う。

だから、そもそもの考え方が、実業家マインドとクリエイターマインドでは、全然違うんじゃないかなと思ったりした。

経済合理性的観点で言えば ホリエモンは正しいと思う

経済合理性的な観点で言えば、ホリエモン的生き方、というか実業家マインド的生き方は正しいと思う。

お金を、人脈、人との出会い、新しい知見やビジネスへの投資、体験への投資。

すべて正しい。面白い人になれる。面白い人だと「思ってもらえる」

それがお金になるという理屈は圧倒的に、正しい。

しかし、経済合理性だけが世界のすべてではない。

経済合理性の観点だけで物事を考えるなら、世の中は矛盾だらけだ。

クリエイターマインドの人間も、経済合理性が第一ではないと思う。

僕の場合は、スキルの向上が経済合理性より価値が高く、好きなものを好きなだけ作る事も経済合理性より価値が高い。

これに必要なのは、「信用」ではなく、「時間」つまり生活費。

だから生活費を確保するための最善最短最小の行動を、自分がやりたい仕事で確保することが最優先課題となり、それが確保できたあとは、ひたすら内省の如くスキル向上に打ち込むのが、このイカれた人間達の性質ではないかと思う。

クリエイターマインドの人は あり金は 効率的な生活費稼ぎに使え

ということで、ホリエモンは株式投資を否定してるみたいだけど。

僕は、内向きクリエイターマインドの人たちには株式投資をおすすめしたい。

全世界インデックスで、足るを知る投資をしておけば、生活費で苦戦する事はなくなる。まぁ、元々の収入量は重要だけど。

自分が作りたいものに打ち込む事が第一であって、他人からの信用なんて別にどうでもいい。

それは経済合理性的観点からは間違いなくずれてるが、それでいいと思う。

生きている間、自分が表現したい事を、できるだけの力を手に入れる。その欲は一生かなわないと知っているけど、それに取り組む。こんな不合理な行動をとるのは、馬鹿げているけど。それが面白いと思ってしまうから仕方ない。

お金ではない。つまり、信用でもない。人間関係?確かに大事。大事だけど、それを優先できるやつは、元々クリエイターなんてならない。もちろんクリエイターの定義にもよるけどねぇ。

最近はウェイウェイ楽しそうに動画作る事もクリエイターの枠組みだと思うし。記事を書く前に、外向きクリエイターと内向きクリエイターって定義も作っておくべきだったかな。

体験より表現

余談だけど、今回色々考えてて、体験より表現する時間を増やす方が重要ではないだろうか?とか思った。

たしかに、体験しなければ表現はできない。これらはインプット・アウトプットの関係だと思う。

学習という意味では、アウトプットが重要で、表現はアウトプットだ。

表現には対してお金はかからないので、(もちろんクリエイションする表現手法にもよるけど)、体験にお金をかけろ!と言われても、

正直なことを言えば、体験する時間があるなら表現してた方がマシだと思う。

この辺は、やはり相容れないんだなぁと。

社会にとっては、経済合理性を重視する実業家マインドの人が増える方が、恩恵が大きいので、ホリエモン的思想で生きる人が増える事を願う。

そして、ぼくらはそういう人たちがアウトドアを楽しんでる間、暗い部屋でペンを走らせる事に喜びを感じるんだ。ぼくらは石の下で活動する虫みたいなもんだからね。

虫にとっては、生活する場所があればそれでいい。生活が保証されてる時間があればそれでいい。

それを安定的に生み出してくれる存在があるなら、利用スべきだと思う。

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

  • 作者:堀江貴文
  • 発売日: 2019/06/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

↓信用とは…という事を知りたい人は一見です