いぬお小話

独身漫画家が楽に生きるための考察を練るブログ

自己投資って何?いつ死ぬかわからないのに頑張るのはバカらしい

自己投資というか、自己研鑽というか

適切なフランクな言葉が浮かばないですが

要するにスキルアップを楽しむ事

ボクの人生の重きは、こういったものに置かれています。

そんな話すると

「いつも頑張ってるみたいで、疲れそう」

なんてことを友人に言われたりするわけですが。

実際のところ、頑張ってはいません。というか頑張るのは嫌いです。

ボクが勝手に「アウトプットの先輩」として尊敬してる一人である、樺沢先生はこの動画の中で

「頑張りすぎるとストレスになる」

と話をされています。ボクもこれに賛同します。

無理をして何かをしても楽しくないし、一度しかない貴重な人生の時間を無理をして過ごすのは馬鹿げていると感じるからです。

自己投資ってなんのためにするんでしょうか。

頑張らないための自己投資

ボクは自己投資の主な理由は

「頑張らないため」だと思っています。

アニメ哲也の中で哲也の師匠である房州さんと飲み屋の姉さんとの会話にこんなものがあります。

決まったサイコロの目を出すことができる房州さんのテクニックを見た飲み屋の姉さんは

「博打打ちってのは、楽して金を儲けようって連中なのに、勤勉じゃない」と一言

それに対して

「怠惰を求めて勤勉に行き着くか?わははは、それもそうだ」

と。

 

まさにこのシーン。

このシーンこそ自己投資の本質を言い当てていると思います。

「自己投資」と聞くと、必死こいて頑張って、金のために何かを学ぶみたいなそんなイメージを持っている人多いんじゃないかと思うのですが。

実際はそうじゃない。

自分が楽しめるものを見つけ、そのスキルや知識を磨き、ソレを使ってお金を稼いだり、人生に役立てたりする。

ただそれだけの事。

しかしこの楽しめるものというのが結構ネックだったりしますよね。

「自分には楽しめるものがない」

なんて。

これは現代の刺激の強い娯楽、スマホやゲーム、要はフィードバックの早い娯楽と、人生で行う事との対比のバランスが取れておらず、起こる現象だと思われます。

これは人生をゲーミフィケーションする事で回避することができます。

その方法は今回描いていると足りなくなりそうなのでまた今度。

楽しむというより、「学べば生きるのが楽になること」を学ぶ事が自己投資の本質なんじゃないかななんて思うわけです。

もちろん楽しいってのも重要ですが。

たとえば、人付き合いが苦手だから人付き合いのコツを学ぶとか。

お金に困ってるなら、お金の稼ぎ方やお金について学ぶとか。

弱々しい体がいやなら、筋トレするとか。

そういう感じ。自己投資なんて重苦しいイメージというより、ただの問題解決って考えた方がフランクですかね。

で、実際学んでも楽しくないならやめればいいし。無理な事を無理やりしようとは思わないでいいんじゃないかと。

自己投資って、頑張ることじゃなくて

頑張らないためにやるものだと思うんですよね。

まずは、時間効率を高める

じゃあまずなにからすりゃいいのって話なんですけど。

個人的には時間効率を高める手法について学ぶべきだと思います。

時間は有限な資源で、一度失うと取り返せないので。

習慣化についてはいくつか記事も書いてますのでご参考になれば幸い。

時間効率以外にオススメなのは

  • 学習方法について(学ぶコツを学ぶと効率高まります)
  • 人間関係について(アドラーいわく、すべての問題は人間関係にあり
  • プログラミング(汎用性が激高い
  • 英語(言わずもがな

こんな感じですかね。

一回しか無い人生、無理して何かをしたって仕方ないので、気楽にらくするために何かを学んでみてはどうでしょう。

スキルが1つ身につくだけでも結構楽に生きられるんですけど

日本人は自分のスキルを安売りしちゃうってのはよく言われてる話で

特にプログラミングなんてIT土方なんて言われる人たちも居ますし、「働き方」ってのも学んだ方がいいのかもしれませんね。

まぁとにかく今回言いたかった事は

「楽するために学ぶ」

これ、大事ですよ