いのいぬ.com

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアなどについて書くブログ

創作論

アウトプット量を増やして、多作になろう

さて。 ポートフォリオも決まって、ようやくお金の事を考える事から完全解放されそうなので 改めて、作家として生きるために必要な事を再度、確認していきたいと思いますよ。 多作である事こそがすべてだが… 以前、画力は量か質かって話しでも書いたのですが…

売れる漫画には「あるある」が不可欠

石田衣良の白黒つけます!!posted with ヨメレバ石田衣良 毎日新聞出版 2008年03月 楽天ブックスAmazonKindle 漫画の脚本に悩んでる時、映画の脚本術を学んでもなんかしっくりこないんですよね。 理由は単純で、巷に溢れてる映画脚本術はズレてるからなんで…

脚本術ーテーマ性よりキャラクターを重視すべきなのでは

脚本術を語る時よく出てくる「神話の法則」や「ハリウッド脚本術」ですが ボクはこれ、あんまり意味ないんじゃない?と思ってるんです。 ハリウッド脚本術はあの乙一先生が利用していると公言しておられますし、ハリウッドではもちろん使われています。 しか…